脊柱管狭窄症の治療で明るい毎日~エンジョイライフ~

夫婦

普段の姿勢が原因

看護師

長時間同じ姿勢でいたり、激しい運動をすることは一見全く異なるように見えますが実は脊柱管狭窄症を起こしやすいという共通したデメリットがあります。治療のためには普段も気をつけるようにしましょう。

Read More

背骨の変形で起きる異常

病院

脊柱管狭窄症では、背骨の変形によって付近の神経・血管組織への圧迫が起きる事で、様々な異常が起きる確率がある。主な治療法としては、周辺の血流改善による症状緩和を目的とした保存療法と、脊柱管への圧迫を軽減する事を狙った手術療法が主となる。

Read More

背骨の病とその治し方

医者と看護師

脊柱管狭窄症の治療法には保存療法と手術療法があり、一般的には保存療法から始まり、重篤な場合は手術を行います。手術費用は高額になることが多いので、高額療養費制度を利用したり、セカンドオピニオンの考え方でいくつかの病院を比較することも大事です。

Read More

腰や下肢痛の原因

乳がんに深い知識と高度な技術を持っているクリニックがこちらです。治りやすいがんなので早期発見が大切ですよ。

風邪にかかってしまった方は世田谷区の内科で診てもらいませんか?症状に合わせて薬を処方してくれますよ。

腰椎の変形による症状

医者

脊柱管狭窄症は腰部脊柱管狭窄症とも呼ばれ、背骨の腰の部分にある腰椎とその周辺の椎間板が変形することで神経を圧迫し、痛みが生じることをいいます。腰椎等の変形は主に老化によって起こるとされ、したがってこの病気は60代以降の人によくみられます。主な症状は、腰痛・背部痛・下肢痛です。症状の軽いうちは歩行時に軽い痛みがある程度ですが、進行すると次第に連続歩行が困難になり、同時に下肢のしびれが顕著になるとされます。脊柱管狭窄症の原因である腰椎や椎間板の変形による神経の圧迫は、血流の悪さが大もとにあると言われています。そこで、血流を改善することが進行を留めることに繋がるとされているのです。血流の改善には、整体や温熱療法、運動療法などがあり、これらを行うことで腰椎の圧迫を減らすことが期待できるとされています。

改善方法

脊柱管狭窄症の治療には保存治療と手術による治療があり、軽度のうちは保存治療を、進行した場合は手術が勧められます。保存治療は、主に痛み止めの薬物を処方するものと痛みの部分に直接神経ブロック注射をうつものとなります。これらは痛みの症状を抑えることには効果がありますが、腰椎の圧迫そのものを治すことができないため治療効果は限定的です。一方手術による治療は原因を根本的に改善するものであるため、効果が大きいとされます。手術後リハビリをし、その後運動療法を加えていくことで飛躍的な改善が可能とされます。ただし、手術後、下肢麻痺、排尿排便障害などの合併症が起こる場合があり、術後椎間板炎により腰痛が続く場合もあると言われています。しかし、これらはごくまれな合併症であることから、不安な人は手術をする場合は医師と相談することが大切です。

身体に起こってしまう辛い症状としては神経系の痛みがあります。脊柱管狭窄症の治療方法をまとめた情報があるのでチェックしてみてください。

世田谷区で在宅医療を頼みたい方こちらに相談してみてください。優秀な医師がいますので、安心出来ますよ。

高品質の治療を行なっているクリニックは評判が高いです。こちらのサイトで病院の口コミをチェックしてみましょう。